がん保険と医療保険の違いについて

病気や怪我で入院したり手術を受けた時に給付金が支払われる「医療保険」には、もちろんがんによる入院や手術も含まれています。
しかし、通常1回の入院日数に制限があり、60日から120日程度が上限となっています。また、一時的な給付金などは特にありません。
これに対して、一般的な「がん保険」は、がんと診断された場合に一時金として診断給付金が支払われ、1回の入院の日数に制限がないという違いがあります。

保障開始日にもそれぞれ特徴があり、がん保険は契約日から90日後というのが通例となっています。
がん保険はがん専用に設定された保険です。
幅広い病気や怪我に対応した医療保険とは保障内容が異なり、高額な治療費や長期間に渡る入院などが考慮されています。そのため、がんに対する保障が重点的に行えるようになっています。

現代では、様々な原因からがんを発症する可能性が高くなっています。
契約日から90日間の待機期間があるということは、がんと診断されてからがん保険に加入するのではなく、あらかじめ備えておく必要があるということになります。

万が一の場合に備えて、一般的な医療保険とがん保険との相違を知り、がん保険の仕組みを把握しておくべきでしょう。

新着情報

2017年01月19日
  ホームページを更新しました。